あらゆる想いが詰まったウェディング

IMG_3096

・・・この記事を書いていないことに、今頃気が付いた私です。今回はかなりの長文です!

昨年10月、名古屋市内にある徳川園へウェディングブーケ、ウェルカムアレンジ、和装用ヘッドドレス、ご両親贈呈花束を納品させていただきました。切り花はすべて東京で仕入れ現地作成。(私の実家は名古屋なので母の部屋を一部拝借できたから実現できた仕事でした)

ブーケはハンドタイト。花材の指定は特にありませんでしたが数種のイメージ画像とともに私おまかせで選びました。和の雰囲気を出すため、胡蝶蘭や大輪マムで重厚さを出しました。

22345345_1529540593793708_614188311_oのコピー

今回のウェディングのお花で特にご紹介したいのは「プランツギャザリング」の「ルーティブーケ」で作った、スプレプトカーパスの花束。昨年晩秋ギャザリングの姉弟子Oさんからこのお花の情報を知り、ランのような気品あふれる雰囲気を持つアフリカ原産のこの花を使おう!と仙台から花材を送っていただきました。

22375403_1104763069657784_87935462_oのコピー

35695464_1262346717232751_9103097207216668672_nのコピー

IMG_3096

このスプレプトカーパスは、室内で楽しむお花です。紫外線を避け、ランやデンファレのようにゆっくりと成長し花を咲かせるカーパス。通常の花束では枯れてしまったら処分!ですが、この根っこ付きルーティブーケの花束を提案させていただき、使用後の管理方法も添え、{結婚式が終わっても思い出と一緒に育てて、来年も花を咲かせてね}と作り手の私の願いも入れました。

上の画像はその挙式後、名古屋からお住いの愛媛県今治市へ持ち帰った時の{カーパスの花束}です。その後、カーパスと他の観葉を分けて土に植えてね、紫外線は避けてね♪のアドバイス通り花嫁のお母様は育て、見事に花を咲かせた2018年6月。↓↓↓

35244472_1257008277766595_7072748634617413632_n

↓↓ちなみにブーケ制作協力者、私の母へも株を分けたので母も半年後に花を咲かせました!

IMG_3095

一りんでも、たとえ小さくても、どんな花でも想いが詰まった花は人を優しく暖かな心にしてくれます。カーパスの花を咲かせた「二人の母」は、私が尊敬する女性。素晴らしいチャンスをくれた花嫁の母は私の大親友!でもあります。チャンスをいただきありがとうございました。記事を書くのをすっかり忘れておりました(苦笑)。。。

※追記、、他の理由でもこのウェディングは一生忘れられないこととなりました、、ご存知の皆様は、笑って思い出してくださいませね(笑)!また、画像はご家族ご本人様の了承を得て公開させていただきました。ご協力ありがとうございます!

今日も長文おつきあい、ありがとうございました。今年の夏も一つのブーケつくりが待っています。。お祝い事はいいですね♪

2018年夏至。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)