ショコラとジンジャーと私

IMG_2720

「ショコラとジンジャーと私」は17年前にブログを書き始めたころ、生徒さんの一言「先生のワンちゃんの話題あったら先生の人柄も伝わっていいと思います…」から、当時はよくショコラとジンのことを書いていました。いろんなブログを使い、いまはこのWPでお花のことだけを書いています。この初めのころのことを思い出し、我が家のショコラとジンの話題をこれからは書いていこうと思います。お花だけでなく私の家族、ショコラとジンジャーのことを。

IMG_0460 (1)

わが家のワン、ミニチュアダックスフント、ジンジャーが2019年1月15日19時ごろ{安楽死}で虹の橋を渡りました。13歳5か月。健康優良児、おトイレは完璧、ご飯は残さずがつがつ、私や夫のそばを30㎝として離れない、真っ黒の瞳がかわいい男の子でした。兄ワンであるショコラのことが大好きで、マイペースなショコラに遊んでもらうことが少なかったですね。

昨年8月25日のジンの13歳誕生日に赤い目が気になり病院へ行ってから始まった5か月の闘病。肺の腫瘍、慢性膵炎、血小板の以上数値などが見つかり、多くのお薬も嫌がることなく飲み、お正月過ぎから首が上がらなくなる姿立てなくなる姿、、そしてヘルニアの発症。そのヘルニアから進行性脊髄軟化症と診断され、治療は手術か安楽死でした。

15日の夜の呼吸困難で私のおなかの上でずっと荒い呼吸で頑張って、夕方まで私の仕事の帰りを待っていてくれ、最後の抱っこの間、ショコラの「ワン!」に返答し、私の腕の中でずっと最後までいてくれました。

安楽死をお願いすることに私たち夫婦は迷いはありませんでした。苦しみをなくしてあげたい、ジンを愛するからこそ自然に決めました。

「目がまだ開いています」先生の言葉と同時に言葉にならない私たちの嗚咽で、ジンはとても安らかにいきました。すうーっと穏やかに。

ジンの体をしっかり抱いた最後のぬくもりは、私の体に染みついています。これからもずっと残ります。

Pj1 (3)2005年10月、ジンが我が家へ来たとき。

Pj21 (2)ショコラとの初対面。

IMG_9075

一昨年、千葉の君津の鹿野山神野寺へ行ったとき。

IMG_2718

最後のお別れでは、お世話になったみずえ動物病院からのお花と、お花をそっと届けてくれたKさんのお花、そして当日朝大田でたくさん買ってきた私の花で、{アカシアとハニーエンジェル}のリース、そして、ぱぱっち、ままっち、ショコラから3つのラナンキュラスの花束をジンのそばに置きました。ジンのテーマカラー黄色たっぷりでね。

人や動物がなくなると不思議なことや偶然がおこりますね。ジンもその偶然を起こしてくれました。小さな元気わんこだったまっ黒じんたん。ジンちゃん100匹いてもいいわよね~♪と夫婦でいつも言っていた、じんじゃろう。

「じんたん、最期はね、一人で逝っちゃだめよ。ままっちの腕の中でいくのよ」と12月頃からずっと言い聞かせました。動物は人の言葉をちゃんと理解します。わんこをなくした友人から言われました。

ジンジャー、ブラッククリーム13歳5か月。そんなミニチュアダックスが我が家にいたことを覚えていてくれたら幸いです。

ありがとうジンちゃん。ジンの亡くなった翌日16日(水)には東京の真上に不思議な虹が出ました。

最後までお読みいただき、心から感謝いたします。

 

1件のコメント

  1. 圭子ちゃん、ジンちゃんへの思いがとても伝わってきました。圭子ちゃんご夫妻のもとでジンちゃんは幸せな一生だったと思います。
    動物と暮らすって楽しい事ばかりじゃないけれど、やっぱり圧倒的に幸せだと感じる日々が多いよね。家族だから死を含めて全てを受け入れられるし、悲しみも喜びも自然に共有してくれて、ただそこに存在するだけでまわりを幸せにしてくれる凄い存在です。いつもそんな風に生きれたらいいなと思います。
    圭子ちゃんのように私もエルへの想いを綴って残しておこうと思いました。優しい圭子ちゃんありがとう。

    • いづみちゃん、コメントありがとう。エルちゃんがジンと数日の差で虹を超えたことに驚き、また仲間がいたことで私の気持ちが少しずつ穏やかになれました。何かつながる私といづみちゃんですよね。初七日過ぎてだんだんジンの気配を感じなくなって、さらにさみしさ増えるんですけどね、明るい光が差し込んでいる気もします。「僕は大丈夫だよ」とジンが言っているようなんです。「時々来るよ」そんな声もね。ジンだけでなく愛した動物たちは迷いなく虹を超えられる。動物と暮らすことは私にとっては人生の大きな足跡になりました。お花と共にこれからも自分を信じて生きていこうと思わせてくれたジンジャーの存在でした。ありがとう、いづみちゃん!大好きだよじんたん♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)